時事チョイス

日々のほっとな話題のニュースをまとめブログにしてお知らせします。
動画や2ch、Twitterなどを交えいろいろな方の意見もお伝えします。


     2019年度予算案の審議を巡り、小池百合子都知事と野党・自民党との対立が先鋭化している東京都議会。そうした中、小池氏が創設した政治団体都民ファーストの会」に関して、政治資金規正法違反(未記載)の疑いがあることが、「週刊文春」の取材で分かった。

     都民ファーストの会が運営し、小池氏が塾長を務める「希望の塾」。2016年12月10日、高輪プリンスホテルで第3回講義を開講した。

     塾関係者が語る。

    「子育て中の塾生も多く、希望の塾は毎回、臨時託児所を設けていました。保育大手『キッズライン』に託児所サービスを委託していましたが、大きな会場を使った第3回の講義では、小池知事の意を受け、別の保育大手『ポピンズ』にも頼んだのです。ポピンズは臨時託児所『きぼうのほいくじょ』を開設しました」

     ポピンズの創業者、中村紀子会長は小池氏と“30年来の友人”だという。

    「2人はともにアナウンサー出身。小池氏が政治家になる前、オリックス・宮内義彦社長(当時)の読書会『時雨の会』に揃って参加していたこともあって、親しい間柄になりました」(ポピンズ関係者)

     ところが、都民ファーストの会の政治資金収支報告書(2016年分)によれば、例えば、キッズラインには12月7日付で「託児所費」として約28万円が支払われている一方で、同じ時期に開設したはずのポピンズへの支出が確認できない。さらに、都民ファーストの会は翌2017年に約1億6000万円を繰り越しており、十分な収入が確保されているが、2017年分の収支報告書にもポピンズへの支出は確認できないのだ。

     ポピンズの回答。

    「託児所は1回だけ開設させていただきました。利用人数とその費用については事業内容に関係する事項になりますので、回答は差し控えさせていただきます」

     一方、都民ファーストの会は以下のように回答した。

    「平成30(2018)年中に支出を行っておりますので、政治資金規正法の未記載には該当致しません。当該支出の金額については、本年開示される当会の政治資金収支報告書においてご確認頂きますようお願い致します」

     政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授が指摘する。

    「繰越額から十分に支払い能力があり、他の業者への運営費は定期的に支出されていることから、(2016年の支出分を2018年に計上するという)団体側の説明は常識的にあり得ない。政治資金収支報告書の未記載を疑わざるを得ません」

     予算案の審議が都議会で紛糾する中、都民ファーストの会の政治資金に不透明さが発覚したことは波紋を呼びそうだ。

     3月20日(水)発売の「週刊文春」では、小池氏とポピンズの親密な関係のほか、築地移転問題や五輪関連事業、小池氏肝煎りのエコ事業などで計約690億円の税金が無駄遣いされている実態などについて、詳しく報じている。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年3月28日号)

    都知事再選を狙う“緑のたぬき” ©共同通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【小池都知事】都民ファーストの会に不正資金の疑い】の続きを読む


     2020年東京五輪パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、フランス司法当局から贈賄容疑で捜査を受けているJOCの竹田恒和会長(71)が19日、JOC理事会で、6月の任期満了をもって会長を退任する意向を表明した。「世間を騒がせて申し訳なく思っている」と語った。IOCの委員を近く辞任する意向も示した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    JOC理事会の自席に座り唇をかみしめる竹田恒和会長=東京都渋谷区で2019年3月19日午後2時56分、梅村直承撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【JOC】竹田会長贈賄疑惑深まり退任へ】の続きを読む



    (出典 www.jiji.com)



    1 ガーディス ★ :2019/03/19(火) 16:58:00.34 ID:7JiGMmRe9.net

     大塚家具は3月11日、現在の取締役7人のうち5人を入れ替えるを発表した。3月31日に開催する株主総会で正式に決める。

     大塚久美子社長は続投するが、久美子氏が外部から連れてきた取締役5人は揃って退任。大塚家具を事実上買収して“新しいオーナー”になる、中国系企業で越境EC(電子商取引)を手掛けるハイラインズの陳海波(ちんかいは)社長の意向を反映した役員人事となった。

     ポイントは、久美子氏を支えてきた外部から招聘した取締役たちが全員、退くこと。いずれも久美子氏のブレーンたちだ。

     宮本惠司取締役は百貨店の三越出身でナンバー2の社長補佐を務めてきた。

     阿久津聡社外取締役は、久美子氏の母校である一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授で、久美子氏が社長就任した際の功労者のひとりだ。

     瀬戸伸正常勤取締役(監査等委員)は秋田木工社長。長沢美智子社外取締役(監査等委員)は東京丸の内法律事務所の弁護士で、久美子氏が父親の大塚勝久氏とのプロキシーファイト(委任状争奪戦)で勝利したときに“軍師”を務めた。“久美子政権”を誕生させたキーパーソンである。

     三冨正博社外取締役(監査等委員)は、かつてアメリカにあった大手会計事務所、アーサー・アンダーセン出身の公認会計士。

    社内取締役は、久美子氏と佐野春生取締役専務執行役員の2人が留任する。佐野氏は久美子氏の実妹の夫。大塚ファミリーの一員だ。

     新任取締役は5人。内訳は社内取締役が2人、社外取締役が3人である。社内取締役は上野一郎執行役員と狛裕樹経営企画室長の2人が昇格する。

     社外取締役は、今回の資本支援をとりまとめ“事実上のオーナー”となるハイラインズ社長の陳氏をはじめ、元トヨタ自動車理事の田中満雄氏、元住友商事副社長の佐々木新一氏の3人が就く。

     陳氏はメディアでのインタビューで、「取締役が(久美子氏の)アドバイザーとして機能していない」と指摘し、交代を求めていた。久美子氏の続投は認めるが、「赤字を継続すれば続投はできなくなる」と釘を刺した。

     大塚家具の役員の大幅交代は、陳氏の意向を如実に反映したものだ。監査法人もEY新日本監査法人から開花監査法人に交代する。株主総会後の大塚家具の新体制は、陳氏主導で進むことになる。
    2019.03.19
    https://biz-journal.jp/i/2019/03/post_27134_entry.html


    【【大塚家具】取締役全員をクビにし中国系の役員人事に 久美子社長は続投決定】の続きを読む



    (出典 kuruma-uru.sakura.ne.jp)



    1 水星虫 ★ :2019/03/19(火) 14:41:38.18

    車の給油 入れ間違いに注意

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/20190319/5010003929.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    ガソリン車に誤って軽油を給油するなど、車の燃料を入れ間違えるトラブルが、
    福岡県内で、去年12月の1か月間に24件起きていたことがわかり、
    JAF・日本自動車連盟が注意を呼びかけています。

    JAF・日本自動車連盟によりますと、去年12月の1か月間に車の燃料を間違えて給油するトラブルは
    全国で390件にのぼり、このうち福岡県内は24件でした。
    入れ間違いはドライバーなどが自分で給油するセルフ式のガソリンスタンドで目立ち、
    「軽自動車は軽油だと思った」とか「自分の車ではなく会社の車や代車だったので燃料の種類を確認しなかった」など、
    勘違いや思い込みが原因で入れ間違えたということです。

    セルフ式のガソリンスタンドでは、入れ間違えを防ぐため、給油ノズルの色が、
    レギュラーガソリンは赤、軽油は緑などと、色分けされているということで、JAFは、
    「初めて乗る車に給油する時は必ず燃料の種類を確認してほしい」と話しています。

    03/19 12:24


    【【勘違い注意】軽自動車に軽油を給油し車のトラブルになる人が続出】の続きを読む



    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    カモメポテトチップスを取られた男性
    ・腹を立てててカモメを掴まえて壁に叩き付けて殺す
    3月12日に有罪判決を受ける

    カモメ

    カモメを壁に叩き付けて殺した男性が有罪判決を受けた。

    2018年の夏にイングランドウェストン・スーパー・メア地域で、56歳の男性が海岸近くでポテトチップスを食べていた。

    その男性が食べていたポテトチップスカモメが奪っていき、それに激怒した男性はカモメを掴まえ壁に叩き付けたのだ。

    目撃者は男性の行為を警察に通報。しかし彼は動物保護法を破っていないと否定。

    しかしながら3月12日の裁判で男性は有罪判決を受けてしまった。裁判所は、男性に対して835ポンド(約12万円)罰金が科せられ、12週間、午後8時から午前8時まで夜間の外出禁止命令となった。

    英国動物虐待防止協会(RSPCA)調査官は「男は自分のポテトチップスを奪われ苛立ち動物(カモメ)を過剰に虐待した。虐待を目撃した人は衝撃を受けた」とコメント



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【有罪判決】ポテチをカモメに奪われ叩き殺す】の続きを読む

    このページのトップヘ